アルコール依存症

断酒で便通が良くなる?お酒を辞めれば下痢が劇的に改善【実体験】

更新日:

習慣的にお酒を飲む人で、日々の生活でお腹がユルイことに悩んでいる人はいませんか?

実は、そのお腹のユルさはお酒が原因かもしれません。

お腹のユルさは何かと問題にあるので、出来れば改善したいものです。

この記事では、お酒を辞めると下痢の症状を治すことは出来るのか、実体験を交えて解説します。

飲酒による影響はお通じにもある

下痢でお腹を押さえる男性

飲酒はあらゆる部分の健康に影響を及ぼしますが、下痢の症状もその一つです。

朝、二日酔いで起きると、お腹がユルくなっている時があるでしょう。

その症状はお酒を飲み過ぎて、固形物を口にしていないから起こっています。

お酒を習慣的に飲んでいる人は、飲酒中に食事をしない人が多くいます。

当然の事ながら、お酒は水分ですから飲酒中に固形物を食べなければお腹が水っぽくなってしまいます。

そのため、飲酒習慣はお通じにも影響を及ぼすのです。

便秘の原因は飲酒による影響かも

水を一気飲みする少年

便秘の原因が飲酒によるものであることもあるようです。

アルコールは体内の水分を全て尿にして流してしまいます。

飲み過ぎた次の日にはのどが渇いて仕方がない、という経験は多くの人が経験していることでしょう。

特に飲酒の習慣がある人なら経験したことがあるはずです。

それは、アルコールによる脱水症状です。

体内の水分が枯れてしまっていると便秘になることもあるようです。

飲酒による下痢の症状は固形物を食べていないから

医学的な事ではなく、実際に飲酒習慣がある人の多くは固形物を食べない人がいます。

胃の中にスペースがあるほうが、お酒が飲みやすいからです。

お酒を飲めば飲むほど、空腹感は無くなります。

お酒によって水が胃の中に溜まっているからです。

胃の中がお酒で一杯になっていれば、固形物を食べる必要が無いのです。

当然の事ながら、体内は水っぽくなるために下痢っぽくなります。

習慣飲酒者が下痢になるのは、その食習慣にあるのです。

飲酒時代の私の食生活を紹介

ここでは、酒を毎日飲んでいた頃の私の食生活を振り返ってみましょう。

当然、私自身も毎日のように下痢でした。

・朝食 なし

・昼食 あり

・夕食 飲酒

※おつまみはタバコ、飲み物は常に口にしている、食事は汁物が多い

朝食は基本的に食べていませんでした。

なぜなら二日酔いで気持ちが悪かったですし、出勤ギリギリまで寝ていたからです。

ただし、水分はたくさん摂っていました。

固形物は食べていません。

そのため、昼くらいになると、胃の中の水分がほとんどなくなり急激にお腹が減ります。

もちろん、この時にも二日酔いの気持ち悪さが残っていた場合は、食事も軽いモノになります。

例えば、蕎麦やうどん、ラーメンなどの汁物です。

お粥やリゾットのような食べ物が多かったです。

そして、夕食です。

夕食は基本的に飲み会だったので、お酒を飲むだけでおつまみ以外に固形物を食べるという事はありませんでした。

しかも、時々はおつまみすらも食べず、タバコがおつまみという事もありました。

このルーティンです。

これを毎日のように繰り返していました。

そのため、毎日が下痢でした。

飲酒による影響なら断酒をすれば改善する

あなたの下痢の原因が飲酒の習慣によるものであれば、断酒をすれば改善していきます。

私の経験を踏まえて、飲酒習慣のある人の食事を紹介してきました。

多くの飲酒習慣のある人は、固形物を食べる機会が、一般の人よりも非常に少ないです。

当然の事ながら、固形物を食べなければ体内が水分だけになっていきます。

そして、毎日が下痢になってしまうという事です。

あなたの下痢の原因が飲酒習慣によるものであれば、断酒をすればかなり改善します。

毎日が快腸になります。

断酒の方法を知りたい方はこちらの記事も参考にしてください。

断酒中に口寂しいと感じたら行うべき対策5選!習慣を作り直せばお酒の席も怖くない

断酒は養命酒も禁止!お酒は百薬の長という真っ赤な嘘

断酒初期は欲求が辛い時期!成功に導く5つのテクニック【成功者が語る】

-アルコール依存症
-, ,

Copyright© リカバリーチャンネル , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.