アルコール依存症

共依存は克服できる!健全なカップル関係を築く5つのポイント

投稿日:

「なんであんな人と付き合ってるの?別れなよ!」
と友達に指摘され
「あの人は私がいなきゃダメなんだから!」
なんてセリフを吐いたなら、要注意。
共依存恋愛をしている可能性があります。

ダメな人=アルコール依存症、ギャンブル依存症、DVなど、自分に迷惑をかける人のこと。

もし自分が共依存カップルだと気づいたら、すぐに対策をとるべきです!
案外、「相手がダメな行動」の原因は、尽くしているあなたにあるかもしれませんよ。
2人の世界に浸って時間だけ経過し、気づいたらお互いボロボロ・・・
なんてケースも珍しくないですからね。

「別れる」というのも1つの手ですが、これも、僕はあまり効果がないと思います。
なぜなら、共依存をやる人は、次に選ぶ相手もまた「ダメな人」の可能性が大きいからです。

結局自分が変わらなきゃ、共依存の克服はできないんです。

今日は、そんな共依存についての解説と、健全なカップル関係を築くための、5つ克服法をご紹介します。

1.共依存とは?

まず、共依存を考える前に「依存」について考えましょう。

依存とは「物・行為」に過剰に執着することです。
例)酒、ドラッグ、ギャンブル、暴力、セックス、ゲーム、薬・・・

じゃあ、「共依存」って何かというと「特定の相手」に執着することです。
例)カップル、夫婦、親子・・・
特に親密な関係の相手に執着します。

そしてその相手は、なんらかの依存症を抱えているケースが多いです。
つまりトラブルメーカー。
最近だとDV男、メンヘラ女子にハマる人が多いですね~。

そんなトラブルメーカーに対して、
「私がいなきゃあの人はダメになる!」
「俺がいなきゃダメなんだ!」
と、自分を犠牲にしてまで世話をして、傷ついているのに別れられないのが共依存の怖いとこ。

共依存を抜け出すのが難しい理由は、
「迷惑な人をを介抱することで、自分に存在意義を見出している」
からなんですね。

共依存は、一見「献身的で責任感がある美徳」に見えます。
でもそれは依存と同じで、やはりトラブルメーカーへの甘えなんです。

共依存関係と、自立したカップルを図で比べてみましょう。

共依存と自立した関係の図

注)依存者、共依存者は男女どちらでもなり得ます。

共依存カップルの目標は、左の図から、右の図のように、お互いが自立して対等な関係になることです。

2.依存と共依存はどう違う?

依存と共依存はどう違うのでしょうか?
依存になるタイプと、共依存になるタイプを比較しながら解説しますね。

両タイプに共通するのは、子供時代に心の問題を抱えてしまったことです。

心理学に「ストローク」という言葉があります。
「ストローク=自他の存在や価値を認めるため、言葉かけ、働きかけ」

マイナスストロークとは:無視、非難、体罰のこと。
マイナスストロークを受けると、自分の存在を否定された傷が残り、心に空洞のような穴がぽっかり空いてしまいます。

条件付きストロークとは:何かができたときだけ褒められること。
できのいい自分じゃなきゃ愛されない思い込みが残り、心はコブのようにぽっこりと出ます。

マイナスストロークの図

【依存症の作られ方】

マイナスストロークで心に穴が空いた人は、「物や行為」によって心の穴を埋めようとします。
虚しさ、寂しさを埋めるために1つの物事にのめりこんで、ネガティブな感情を感じないようにします。
もちろん、日常生活に支障をきたさなければ、お酒もギャンブルも楽しんでいいんですよ。でも、心の穴が大きい場合は、日常生活をぶっ壊してまでやめられなくなります。
これが依存症です。

【共依存症の作られ方】

条件付きストロークで心にコブができた人は、「人への依存」という代替行為で、コブをひっこめようとします。
人の世話に一生懸命になることで、自分の存在価値を認めようとするんです。
一見、思いやりや責任感があるように見えますが、自分の日常生活を壊してクタクタになるまで人の世話にのめりこみます。
これが共依存症です。

共依存症の人は口をそろえて
「自分がいなきゃこの人はダメ」
と言います。
そこには「誰かに求められたい」「必要とされたい」という潜在的な欲求が隠れています。

3.共依存カップルの特徴5つ

共依存カップルの図

続いて、共依存カップルの特徴を5つご紹介しましょう!

【共依存カップルの特徴】

共依存カップルの特徴には主に以下の5種類があります。

  • 相手を支配したがる、されたがる
  • 問題を直視できない
  • 相手の行動や気分に、過剰に反応する
  • 相手に尽くしすぎる
  • すべて「自分が悪い」と思い込む

①相手を支配したがる、されたがる

共依存者は、相手に対して、
「だから言ったでしょ!」「もうやめろよ!」
とおせっかいを焼き、自分ルールを押し付けがち。

それでいて相手がトラブルを引き起こしたら
「ごめんなさい」「私が悪かった」
と平謝りで下手に出ます。
相手を思い通りに動かしたい半面、1人なるのが恐くてたまらないんです。

②問題を直視できない

相手にどんな問題があろうが、自分に害があろうが、それを直視できません。
暴力まで「愛」と変換して感じてしまいます。

友達に
「別れたほうがいいんじゃないの?」
と助言されても、
「あの人は私を愛してくれるの」
「きっと立ち直るから!」
と必死で否定します。
相手の問題行動を世話・処理するのに、どれだけ膨大なエネルギーを使っているか?どれだけ自分が無理しているか?の自覚がなく、麻痺しています。

③相手の行動や気分に、過剰に反応する

共依存カップルは激しく空気を読みます。
特に共依存者側は、相手の行動や発言に常に敏感に反応します。

相手の気持ちを気にしすぎるからこそ
「思ったことを押し殺して言えない」
ということも起きます。
お互いの束縛感が強いため、特に同棲中カップルは家が緊張した雰囲気になって、安心できる空間になりません。

④相手に尽くしすぎる

共依存カップルは、自分と相手の境界線が曖昧です。
そのため、共依存者側は
「自分が助けてあげなきゃだめなんだ!」
と強い強迫観念に捕らわれて、保護者のようになります。
相手に対して「役に立ってる」と自己満足に浸ることが生きがいだからです。
その一方で、LINEやメールの返信がないと、被害妄想っぽくなります。
「嫌われたんじゃないか?」
と焦ってそわそわしてきて、常に相手のことで頭がいっぱいです。

⑤すべて「自分が悪い」と思い込む

喧嘩になると、すべて「自分が悪い」と思い込みます。
共依存者は、自己評価が低い傾向があります。
自分ができるところには目を向けず、できないことばかりに目がいきます。
一生懸命世話をして、いっとき満足感があったとしても、
「今の自分でいいんだ」
という深い満足感まで得られません。
だからこそ
「こんな自分を愛してくれるのはこの人しかいない!」
と共依存に拍車をかけてしまうんです。

4.共依存から抜け出すには?

どうやったら共依存を抜け出すことができるのでしょう?
アメリカの心理学者の「マズローの5段階欲求階層説」を使って考えてみましょう。

まず、
「今の自分がどうなっているのか?」
客観的な現状把握をすることから始めましょう。

マズローの5段階欲求階層説

アメリカの心理学者マズローは
「人間は自己実現に向かって絶えず成長していく生き物である」
として、人間の欲求を5段階に分類した「欲求階層説」を提唱しました。

このピラミッドで言うと、人は生まれてから成長するにつれ「下から上」の順番で欲求を満たしていきます。

生理的欲求、安全欲求・・・と難しい言葉が並んでいますが、ザックリ下からいうと
①食べ物がある→②家がある→③仲間がいる→④承認される→⑤自己実現できる
です。
①からいきなり③に、飛び越えて成長することはできません。
人は自然に下から順に成長していくようになっているんですね。

共依存者が相手に尽くすことは、
「自他ともに素敵な自分だと認めたい」
という④自尊欲求に当たります(承認欲求とも言われます)。

これが満たされるためには、①~③までの欲求がしっかり満たされている土台が必要です。

ところが共依存者の場合、実は②の安全欲求の段階から満たされていない人も多いんですよ。
先ほどの条件付きストロークの話。
「オマエはバカだ!」「どうしてそんなこともできないんだ!?」
と暴言や暴力を受けて育ったら、そこに安全欲求の満たしなどないですよね。

行動の基準が、怒らせないように過剰に人に気を遣う、②の安全欲求ベースになります。
そのまま大人になると、気配りだけは一定の効果を発揮し、仕事で上司などから評価を得られるかもしれません。
恋愛でも、相手の顔色をうかがって、気を遣い、合わせることはできます。

「お前がいなきゃダメなんだ」
と言わたら嬉しくなって、④の承認欲求の満たしを得た気分になるかもしれません。

でもこれには重大なズレがありますよね。
・行動の基準
・受け取るもの
のズレ。

・行動の基準→②安全欲求
・実際受け取るもの→⑤自己実現欲求
なんです。

共依存者は、このズレが大きいんです。
だから「不自然な恋愛」になってしまうのです。

あなたはどの成長段階にいるでしょうか?

②の安全欲求でしょうか?
→暴言や暴力に傷ついた傷は、癒されていますか?
③の所属欲求でしょうか?
→信頼できて、安心できる家族や仲間がいたと言えますか?

もしこの②③を満たさずに恋愛をすると、お互いが自立した健全なカップルにはなれません。
最初は相手への「ちょっとした思いやり」と思って取っていた行動が、いつの間にか焦りになり、イライラになり、疲れになり、相手の依存症も悪化…。

認めるのは辛い作業かもしれませんが、自分で気づくしか方法はないんですよ。
恋愛だけでなく、色んな人間関係でもこの思考パターンは出てきますしね。

「自分は家庭環境が悪かったから、もう取り返しがつかないのか?」
と思った方、安心してください。
人間ってのはよくできていて、自分で自分を育てられるんです。
いつから自分で自分を再教育しても、遅すぎることはありません。

5.共依存から抜け出す!5つの克服法

共依存を抜け出す5つの克服法をご紹介します。
すぐにすぐできなくても大丈夫。
1つ1つ、ゆっくり克服していきましょう!

①自分軸で生きる習慣をつけ、自分を褒める

共依存になると、どうしても相手を軸に生活してしまいますよね。
軸を少しずつ自分に戻して、生活することを心がけしましょう。

簡単なことですが、1日3分、自分を褒める時間を作ってください。
寝る前でも、お風呂でも、いつでも構いません。
「今日もがんばったね、お疲れさま」
そうやって、まずあなたがあなたを認めてあげてください。

だんだんとセルフイメージが上がってきますよ。

そして、
行動の基準→自己実現欲求
受け取るもの→自己実現欲求
とズレを減らしていきましょう。

②「手放す」と「見放す」の区別

「手放す」ことと「見放す」ことは違います。
共依存者ができるようにならなければいけないのは、「手放す」です。
「そんなことしたら、あの人がダメになってしまう!」
なんて思うのはNG。
なんにでも手を貸すのは、相手の成長を奪ってしまう逆効果です。

相手と離れる時間もしっかり作りましょう。
同棲しているなら、なおさらです。
自分を保つためにも、自分の時間を作りましょう。
趣味でもいいし、友達との時間でもいいですよ。

距離を置くことで見えてくる自分の姿、相手の姿があるはずです。

③「相手の悪いところ」もきちんと見る

共依存者は、なんでもかんでも
「自分の悪い」
と卑下して背負ってしまいます。

「相手にだって問題がある」と相手の悪いこともちゃんと見て、「相手の問題は相手の問題」と預けてしまうことも大事です。
相手にも
「いい加減大人にならなきゃ」
と意識を持ってもらうことも大事なんです。

相手にやってあげていることを少しずつ減らし、逆にお願いすることを1つずつ増やしていきましょう。
最終的なゴールは、この積み重ねでお互いが自立していくことです。

④「嫌われてもいい」とどっしり構えるほうが魅力的

心理学では、対人関係を築くパターンには、3種類あると言われます。
安定型:自分は自分であり、相手が何をしていようがあまり気にならない
不安型:嫌われるのが不安、1人になるのが怖い
回避型:人を信用できないので、誰とも関わりたくない

このうち、共依存になるタイプは圧倒的に「不安型」です。
だから、例え相手に迷惑をかけられても、
「嫌われたくない」
「1人でいるくらいならこの人といたほうがマシ」
とズルズルと関係を続けるんですよね。

ここで1つ割り切っていただきたいことがあります。
それは「もう嫌われてもいい」という割り切りです。

性的に魅力があるあなたというのは「あなたが好きなことをして、活き活きと元気に生きている姿」なんですよ。
相手に合わせているから、好かれるんじゃないんです。

あなたは、その相手のためにこの世に生まれてきたのでしょうか?
違いますよね、自分を幸せのために生まれてきたんです。

依存者にも、そんな活き活きとした姿を見てやるといい刺激になります。
これくらいの割り切り(開き直り?)は、実はいい恋愛をするうえでとても効果があるんです。

⑤共依存によって補填されているものを考える

最後に、少しディープに掘り下げてみましょう。
もし相手が「健全な相手」になったら、あなたはどうなりますか?

役目がなくなる、逃げる、新しいダメな人を見つける・・・
少なくとも
「自分の価値が下がる気持ちがする」
のは共通するんじゃないかな?と僕個人的には思います。

自分が共依存で得ているメリットに目を向けてみましょう。
例えばメンヘラ女子と付き合っていたとしたら、
「暴れたらすぐに駆けつけられて、ヒーロー気分が味わえる」
つまりあなたは「ヒーロー気分を味わうことによる男としての自信」ことをメンヘラ女子を活用して補填しているんです。

じゃあなぜ、ヒーロー気分があなたには必要なのでしょうか?
何か思い当たる出来事がありますか?
その願望は本当に必要なことなのでしょうか?
必要だとしたら、他の手段で自分に与えることはできないのでしょうか?(例えば自分で自分に)

共依存によって得られるメリットを、別の方法で補填できたら、共依存は自然と手放せられます。
この着眼点もぜひ持ってみてください。

6.まとめ

共依存克服に1番大切なことは、自分は自分の世界持って、それを楽しんで生きられるようになることですね。

別れた後、実際に自分の生き方をそのように変えた女性が、5年後別れた元カレに告白され復縁、結婚したという話もあります。

過去と他人を変えることはできません。
でも、自分は変えられます。
自分が変われば、恋愛スタイルも大きく変わるでしょう!

今からでも遅くありません。
別れるという決断をしたくないなら、今回ご紹介した克服法、ぜひ試していただきたいです。

アルコール依存症者が断酒を続ければ社会的な信用も回復【社会的な改善】

依存症から回復するには人間関係の断捨離が必要!人生が好転する

酒癖で失った友人を取り戻せ!断酒で家族や人間関係を再び良好にする方法

-アルコール依存症

Copyright© リカバリーチャンネル , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.