アルコール依存症

アルコール依存症者におすすめの就職や転職も可能な4つの副業

更新日:

副業をする男性

就職できる会社が無いと悩んでいませんか?

生活のためにお金が稼ぐことは大事ですが、仕事が原因でお酒を飲んでしまえば結局お金も仕事も信用も失ってしまいます。

しかし、すぐに就職が出来ない人もいます。

まずは、副業を始めることによって生活費を稼ぎながら徐々に社会復帰をすることも可能です。

現在では、在宅のまま仕事を続けることは容易になりました。

今回は、家で始められる副業を紹介します。

副業を継続していけば就職もしやすくなります。

断酒をすると暇な時間が増える?再飲酒の危険を回避して自分を高めよう!

アルコール依存症者におすすめの副業

メガネをしている女性

アルコール依存症者でも簡単に始められる副業を紹介します。

これから紹介する仕事は、簡単にすぐに稼げるわけではないかもしれません。

しかし、続けていれば稼げるようになりますし、復職する時のスキルとして自身のキャリアにすることも可能です。

そのため、アルコール依存症者は小さく無理なく始められる副業を始めることをおすすめします。

具体的な職種は以下の通りです。

  • webライター
  • システムエンジニア
  • webデザイナー
  • 動画編集

それぞれについて詳しく解説していきましょう。

webライター

webライターはパソコンとインターネット環境があれば初期費用無しで始められる副業です。

日本語で生活をしている以上、書くことが苦手な人でも練習すればある程度のライティングスキルは上がっていきます。

会社に出社して嫌な人間関係に耐える必要もありませんし、難しいノルマに怯える必要もありません。

現在ではクラウドサービスである「ランサーズ」や「クラウドワークス」などもあるためまずは登録しましょう。

これらのサービスを利用すれば、個人で仕事を受注して在宅で仕事を稼ぐことが出来るようになります。

実際に人に会うことは無く、ほとんどすべての連絡はメールやチャットやスラックなどのメッセージだけで終わります。

ライティングのスキルが上がれば、フリーランスではなく転職にも有利になります。

ただし、収入が高額になりにくいデメリットもあります。

プログラマー

プログラマーも副業に向いている仕事です。

パソコンがあれば在宅でも仕事が出来るため、余計な人間関係などを気にする必要はありません。

ただし、プログラマーになるためには、ある程度のスキルは必要となります。

そのため、独学で学ぶか、素人でも丁寧に教えてくれるスクールなどに通ってから、仕事を受注します。

そして、仕事をしながらスキルアップをしていくことになります。

スキルが上がり、実績が積み重なっていけば高額の案件も受注できることになります。

webライターよりも始めるには難しいですが、経験を積めば高額な報酬も得られます。

webデザイナー

webデザイナーも在宅でできる仕事であるため、アルコール依存症者の副業や仕事には向いています。

デザインが好きな方には特におすすめです。

デザインの仕事は個人でコツコツと進める仕事になるため、煩わしい人間関係に関わることはありません。

実績がついていけば、高額な案件も手に入れることが出来るようになります。

ただし、始めるには機材を揃えるために初期投資が必要になりますし、スキルが高くならなければ仕事を受注することが出来ないデメリットもあります。

動画編集

動画編集は動画市場が拡大してきて求人も大きくなっている仕事です。

クラウドサービスを利用することで、副業として始めることも可能です。

動画の編集はスペックの高いパソコンと動画編集ソフトを利用しなければいけないため、初期投資にはお金がかかります。

また、動画編集には経験とスキルも必要となりますので、報酬を稼げるようになるにはある程度の勉強時間も必要になります。

ただし、ある程度の経験を積めば仕事はコンスタントに得られる仕事です。

また、動画編集の仕事は数多くありますので、あらためて就職をすることにも有利になります。

アルコール依存症者にとって大事なことはお酒を飲まないこと

ここまで、アルコール依存症者におすすめの仕事や副業を紹介してきました。

まずは前提として伝えておきたいことは、アルコール依存症者にとって一番大事な仕事はお酒を飲まないという事です。

依存症者にとってお酒を飲んでしまう危険なシチュエーションは数多くありますし、個人によって異なります。

仕事をすることは、人によって異なるにしても少なからずストレスはかかります。

今回おすすめした職業はなるべく直接の仕事の人間関係に関わらないものを選んでいます。

なぜなら飲酒のきっけになってしまう大きな原因の一つは人間関係からのストレスからくるからです。

大事なことは飲酒につながるシチュエーションを避けて、お酒を飲まないように働く事です。

断酒は一生続けなければダメ?継続のコツは一生続けると考えないこと

気を付けるべきシチュエーション

アルコール依存症者にとって仕事をすることは、危険なシチュエーションの一つです。

実際に、アルコール依存症の病院に入院して医師やカウンセラーから注意されることの内に「仕事」は入っています。

感情が安定するまでは、仕事を休んでしまう事も選択肢としてすすめられます。しかしながら、生活をしていくためには働かなければいけません。働くのであれば、なるべく危険な

シチュエーションを避けることが必要です。下記に一般的に危険と言われている仕事のシチュエーションを挙げておきましょう。

  • 定時で仕事を終えることが出来ない仕事
  • お酒を伴う接客をする仕事
  • 苦手な仕事を無理に続ける
  • パワハラやアルハラがある職場

自分にとって合わないと思われる仕事

依存症から回復するには人間関係の断捨離が必要!人生が好転する

「アルコール依存症者におすすめの就職や転職も可能な副業4選」まとめ

アルコール依存症者におすすめの仕事や副業を紹介してきました。

今回、紹介したのは、在宅でも可能なインターネットを通じて行う仕事です。

アルコール依存症者がぜったにやってはいけないことはお酒を飲んでしまう事です。

多くの方にとって、仕事上での人間関係のストレスは、飲酒のきっかけになってしまいます。

まずはこの余計なストレスを感じないような仕事を選ぶ事が必要なのです。

一般的な意見として仕事場の人間関係のストレスを例に挙げましたが、飲酒のきっかけは個人によって異なります。

まずは、個人の飲酒のきっかけになるシチュエーションを知ることが必要です。

自分自身を知り、自分にとって最適な仕事を選びましょう。

断酒に失敗?気にせずに前を向いてやり直そう!何度でも

断酒の継続中にくじけそうになったらやってみるべきこと5選

元依存症者でも転職は可能!副業や資格取得で市場価値を高めよう!

-アルコール依存症

Copyright© リカバリーチャンネル , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.