アルコール依存症

断酒中に甘酒を飲んでも大丈夫?アルコールが入っていなくても危険な理由

更新日:

断酒をしている方は、甘酒を飲んでしまっても大丈夫なのか疑問に思っている人も少なくないでしょう。

甘酒は子供でも飲むことのできる酒粕を使用している飲み物です。

ただし、甘酒もアルコールが入っていて、飲んでしまうと車を運転してはいけない種類もあります。

この記事では、断酒を継続している人や車を運転する人が、甘酒を飲んでも良いのかどうかを解説します。

また、甘酒を飲むにあたって気を付けなければいけない点も解説します。

甘酒には2種類ある!アルコール分が0%なら断酒していると言える

甘酒にはアルコール分0%の種類と、アルコール分が1%程入っている種類と大きく分けて2種類があります。

当然、アルコール分があるものを飲んでしまえば少量とはいえ飲酒になってしまいます。

特にお酒が弱い人、強い人は体質によって異なります。

お酒に弱い人は少量のアルコールでも酔っ払ってしまうため、車を運転することなどは避けなければいけません。

ここから、アルコール分が0%で子供や車を運転する予定のない大人でも飲める甘酒と、アルコール分が配合されていて、子供や車を運転する予定のある大人は飲んではいけない甘酒を紹介していきましょう。

甘酒を購入する際は、必ず原材料を確認しましょう。

また、店舗で甘酒を注文する場合にはスタッフにアルコールが入っているの質問しましょう。

アルコール分が入っている甘酒

アルコール分入り甘酒の成分表示

アルコール分が入っている甘酒には上記の赤で囲った部分の様に、アルコールが入っていることを表記してあります。

この表示がある甘酒は当然のことですが、アルコール分が入っているので飲んだ後は車の運転はできません。

また、子供は飲めないので注意しましょう。

断酒を行っている方も、この甘酒を飲んでしまえば断酒歴はリセットされてしまいます。

アルコールが入っている甘酒は成分の表記を確認しましょう。

アルコール分が無い甘酒

アルコール分無し甘酒の成分表示

アルコール分の無い甘酒には、成分表記にアルコールが入っていません。

米麹の甘酒なら、アルコール分が入っていないので、子供でも飲むことが可能です。

車を運転する際にも、甘酒を楽しむことが可能です。

もちろん、断酒をしている方も断酒歴はカウントされていきます。

断酒を継続していきたいのでれば、こちらのアルコール分の入っていない甘酒を飲むようにしましょう。

甘酒はアルコールを連想させてしまうことになる

アルコール分の無い甘酒は子供でもおいしく飲むことが出来る飲み物です。

実際にアルコールが入っていないため、運転をする際にも問題はありません。

ただし、甘酒も酒粕を使用しているためにお酒の味を思い出させるきっけかになることもあります。

また、「甘酒」という名称も「酒」という単語が入っている以上、お酒を連想させることにもなります。

甘酒自体はアルコール分が入っていないために、お酒を飲んだことにはなりませんが「お酒を思い出させる」、「お酒を連想させる」という点には注意が必要です。

アルコール依存症者の断酒方法としてノンアルコールビールは有効か?

断酒を継続するなら甘酒は避けるべき

断酒を継続していきたいと考えている方は、アルコール分の無い「甘酒」といえども避けるべきです。

アルコール依存症者などの様に断酒を継続させていかなければいけない方は、少しでもお酒を連想させるような飲み物は避けなければ再飲酒のきっかけになってしまいます。

甘酒にアルコールが入っていない以上、アルコールを飲んだというカウントはされませんので、断酒の継続日数は甘酒を飲んだとしても続いていくことになります。

しかし、怖いのは甘酒が飲酒時代やお酒の味を思い出し、飲酒欲求を呼び起こしてしまう事です。

飲酒欲求が湧いてきてしまうと、なかなか断酒を継続させることは難しいのが現実です。

甘酒を飲んだ後に、「物足りなさ」や「アルコール欲しさ」にどうしてもお酒が飲みたくなってしまい再飲酒してしまうという事は多いにあります。

特に、断酒の経験が浅く、素面歴が2~3年に満たない方は、アルコール分の入っていない甘酒でも避けるようにした方が良いでしょう。

断酒中にはお酢などの調味料にも注意!醤油やみりん、意外なアルコール類の紹介

まとめ

甘酒には大きく分けて2種類に分けられます。アルコール分が入っていない甘酒とアルコール分が入っている甘酒です。

アルコール分が入っている甘酒を飲んでしまうと、車の運転はすることが出来ませんし、子供は飲むことは出来ません。

断酒をしようとしている方は、甘酒を飲むようにしましょう。

アルコールが入っているかどうかは、成分表示を見ていればきちんと表記されています。

アルコール依存症者の方は、アルコールが入っていない甘酒でもなるべく飲まないようにしましょう。

甘酒はお酒を思い出させてしまうので、再飲酒をしてしまう可能性が高くなってしまいます。

再飲酒を誘発する食べ物や飲み物、調味料は他にもあります。

そういった再飲酒を誘発してしまう危険な食べ物や飲み物を知っておきたい方は以下の記事も参考にしてください。

断酒は養命酒も禁止!お酒は百薬の長という真っ赤な嘘

食品の中にはアルコールが入っていることもある!【再飲酒の危険】

-アルコール依存症
-

Copyright© リカバリーチャンネル , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.